ダイブガイドになろう – プロとして活動する

SNSIダイブガイドは、SNSIシステムの最初のプロフェッショナルレベルです。
SNSIダイブガイド、地域の水中環境にとても精通した優れたダイバーで、海についての幅広い知識、温度や視界の変化に対応でき、地元のサンゴや沈船などの保護にも活躍しています。SNSIダイブガイドは、スクーバダイビングの条件や地域の条例などにも精通しています。そして、熟練したナビゲーション、ファーストエイドやレスキューの認定を受けています。
SNSIダイブガイドは、レクリエーションのトレーニングダイビングではない、認定されたダイバーのガイド資格を取得しています。
コースは、SNSIダイブマスターインストラクターにより知識セッションと海洋セッションを行い、ダイブガイド・マニュアルに沿って知識をカバーし、候補生に必要な経験を積むように構成されています。
さらにまた、ダイブガイドは特定のスペシャルティダイビングのトレーニングは受けていて、認定されていなければなりません。ダイブガイドは、グループの確認作業と、ダイバーへのポイント状況をブルーフィントでブリーフィングを通して説明し、安全を維持する方法を知らせる責任を持ちます。
SNSIダイブガイドの認定で、プロフェッショナルへの高い意識を持たせ、世界中の海でトレーニングではないダイビングで認定ダイバーを水中世界に案内することができます。
担当の SNSIインストラクター は、あなたに最適なプロフェッショナル品質の器材の選択方法と、購入についてのベストなアドバイスをしてくれる有資格者です。


参加条件 ■年齢が20歳以上の方。
■60回以上の海洋でのスクーバダイビングのログ記録がある。
■レスキューダイバーか同等の資格がある。
■ボート・ディープ・ナイト/視界不良・ナビゲーション・レスキュー・BLS・酸素プロバイダーの有効なトレーニング記録が必要です。
■資格のある医師によってダイビングを許可された現在有効な健康診断書を提出する。
■自分のスクーバ器材を所有している。
開催日程 全日程 8日間
コース参加前に学科6セクションの予習学習があります。
■学科講習  10セクション
■プール講習 スキル評価・泳力評価・レスキュー評価
■海洋実習 5セクション
コース費用 ■コース料金 108,000円
■教材代 43,200円
■海洋実習費 実費
その他にSNSI年会費・保険代が必要です。詳しくはショップでご確認ください。
認定後の活動 ■ガイド業務が出来るようになります。
■ダイビングツアーの引率が出来るようになります。

認定には80回以上の海洋でのスクーバダイビング記録が必要になります。

 

 

認定には75回以上の海洋でのスクーバダイビング記録が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSIインストラクタープレパレーションコースをすべて修了して合格したら、次にインストラクターエバリュエーション・プログラム(SNSIオープンウォーターインストラクター認定の最終ステップ)に参加することができます。SNSIインストラクターエバリュエーターは評価プログラムに置いて、SNSIシステム、水中能力と知識、プロフェッショナリズムなど全域についての評価を行い、自立してSNSIコースを教えられるか認定評価が行われます。 

参加条件 ■年齢が20歳以上である。
■85回以上の海洋でのスクーバダイビングのログ記録がある。
■ダイブマスターか同等の資格がある。
■資格のある医師によってダイビングを許可された現在有効な健康診断書を提出する。
■自分のスクーバ器材を所有している。
開催日程 全日程 12日間
コース参加前に学科10セクションの予習学習があります。
■学科講習  10セクション・学科講習プレゼン
■プール講習 プールプレゼン・デモンストレーション・レスキュー評価
■海洋セクション 海洋実習デモンストレーション・レスキューデモンストレーション
コース費用 ■コース料金 237,600円
■教材代 63,000円
■海洋実習費 実費
ITC合格後にSSIが開催するIE試験に合格することがOWI認定の条件です。
IE試験料が別途必要です。
その他にSSI年会費・保険代が必要です。詳しくはショップでご確認ください。
認定後の活動 ■オープンウォーターダイバーコースの実施。
■ストレス&レスキューコースの実施。
■パーフェクトボンヤーシSPコースの実施。

認定には100回以上の海洋でのスクーバダイビング記録が必要になります。